文字サイズ
会員専用ページ

認定制度

認定医療心理士について

更新方法

医療心理士の資質とレベル保持のため、認定を受けてから5年後の年度末までに認定更新の審査を受ける必要があります。認定更新は、毎年1回、学会誌「心身医学」およびホームページにてお知らせいたします。

更新資格

認定更新は、認定を受けてから5年間に本学会が指定した教育的、学術的企画に参加し、下記の所定研修単位を取得した者について行います。

総単位数:50単位以上

  • 50単位のうち25単位以上は日本心身医学会(地方支部を含む)および日本心療内科学会の企画したものへの参加により取得したものとする。
  • 50単位のうち論文掲載もしくは学会発表により取得した単位が含まれていなければならない。

更新単位表

  単位 講師・
演者加算
①日本心身医学会が行う講習会 (イ)教育的講演会 a.医療心理士のための講習会 10 5
b.日本心身医学会総会時の教育的企画 1日規模 10 5
半日規模 5 5
c.各支部が主催または後援する教育的企画 1日規模 5 2
半日規模 3 2
(ロ)学術的講演会 a.日本心身医学会総会時の学術集会 10 5
b.日本心身医学会地方会 5 5
②日本心身医学会以外が行う学術的、教育的講演会 (イ)日本心身医学会が指定した学術集会または研究会 3 2
(ロ)日本内科学会など各診療科に関連した全国規模の学会 3 2
(ハ)心身医学関係の国際学会 5 3
③論文および著書 (イ)日本心身医学会発行の雑誌 (心身医学) 筆頭者 10
共著者 4
(ロ)心身医学系の論文 筆頭者 5
共著者 2
(ハ)著書 筆頭者 5
共著者 2
  • 認定更新に必要な取得単位の申請は自己申告制です。それを証明する書類を必ず添付してください。ただし、まとめの用紙は本学会が指定する書式を使用してください。
  • 参加した教育的、学術的講演会や、掲載した論文などが更新の単位に該当するか否か疑義のある場合には、資料を添えて、本学会コ・メディカルスタッフ認定制度委員会に問い合わせてください。
  • 総会および地方会時の学術集会での演者としての単位の算定には、それを証明するプログラムまたは論文の写しを添付してください。
  • 論文および著書は、心身医学にかかわる学術的なものに限ります。申請の際その別刷または写しを添付してください。抄録および一般書は認められません。
  • 50単位を超えて取得された単位点は、認定更新が行われると全てクリアーされ、次回に繰り越すことはできません。次回はゼロからのスタートとなりますので、お間違えのないようにお願いします。
  • 取得単位証明のため、改めて過去の関係する学会事務局などへ証明書発行(再発行を含む)を依頼することは、先方に大変なご迷惑をかけますので絶対になさらないようにご留意ください。

申請方法

下記の申請書類を添えて、書留郵便で申請書類送付先へ送付してください。

研修指導医資格をお持ちの方は、認定医療心理士の更新と同期して、研修指導医の更新の手続きをお願いします。

申請書類

更新様式1 申請書 PDFダウンロード
更新様式2 取得単位一覧(様式2-1および様式2-2の2種類) PDFダウンロード

更新様式3 取得単位証明

単位を取得見込みの場合はその旨明記し、事後に証明する書類を提出してください。

PDFダウンロード

更新様式4 学術論文目録

学術論文は連名可。学術論文がない場合は「なし」と 明記してください。

PDFダウンロード
更新様式5 学会発表目録 PDFダウンロード
更新審査料の(5,400円)の振込証明(「郵便振替払込請求書兼受領証」のコピー)

更新申請書および認定更新に関する規程の郵送希望者は、返信用封筒(角2号332×240mm)に住所氏名を明記し、140円切手を貼付して学会事務局に請求してください。

更新審査料の振込先
申請書送付先
一般社団法人 日本心身医学会 コ・メディカルスタッフ認定制度委員会
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町15-12 八重洲カトウビル8F
TEL : 03-6661-9230
FAX : 03-6661-9231
e-mail : mail@shinshin-igaku.com
資格更新保留/辞退

事情により更新を保留される方は、「認定医療心理士資格更新保留申請書」を提出してください。保留申請を提出しないまま放置すると、専門医の資格が失われます。また、事情により認定資格を辞退される場合は、「認定医療心理士資格辞退届 」を提出してください。

認定を受けてから認定更新するまでの所定の期間(認定ごとに指示する)に取得した単位数が、所定の研修単位数に満たないときは、認定更新の保留を申し出て、所定単位数を満たしたときに再申請することができます。保留期間は2年までです。保留期間中は日本心身医学会認定医療心理士を呼称することはできません。ただし、特別な事情(長期の病気療養や研究のための外国留学等)の場合は、その事情を記した書類を添付して、保留期間の延長を申請することができます。

一般社団法人 日本心身医学会 認定医療心理士資格更新保留申請書 PDFダウンロード
一般社団法人 日本心身医学会 認定医療心理士資格辞退届 PDFダウンロード

認定更新通知

認定更新審査に合格し、認定料(10,800円)を納入した者に「一般社団法人 日本心身医学会認定医療心理士」の認定証を授与します。

Page Top

Copyright © Japanese Society of Psychosomatic Medicine. All Rights Reserved.