文字サイズ
会員専用ページ

一般の皆さまへ

コラム

医師だより

ローマの休日

Piazza di Spagna(スペイン広場)

6月の最後の週は、大忙しであった。時間に追われる激しい生活の中で、北大の武田教授からお招き頂いた日がやってきた。初夏の北海道に心を惹かれながら、札幌行きの飛行機に乗りたった。ところがこともあろうに、飛行機の中でパソコンが壊れ、激しく揺れる画面をコントロールすることができなかった。最近パソコンの調子が悪く、嫌な予感がしていたが、冷や汗の現実になってしまった。北大の大学院生講義と栄養サポートチーム(NST)チームの講演スライド2つ分を、かろうじてメモリースティックに移し終えたのは、札幌に大分近づいてからであった。講演スライドを,パソコン画面の最上部に置いていたために,取り出すことが出来た。翌日からローマ出張で、パソコンを使えないのは致命的であるが、今日という大事な日の不幸中の幸いに,心から安堵した。

北大のポプラ並木は新緑で、淡い緑がこぼれるばかりの春の装いであった。鹿児島との樹木の違いも新鮮であった。北大の広いキャンパスには多くの観光客が訪れ、島津1000年の歴史とは比肩しえないが、学園生活と呼ぶにふさわしい世界がそこにあった。講演の後、「すすきの」のとあるお店に連れていって頂き、北の海の幸を満喫した。鹿児島との食事の違いも新鮮であった。NSTの講演(悪液質・サルコペニアにおける栄養管理)では、「はんだま」など鹿児島の色野菜をふんだんに使った「黒膳」を見て頂いたが、好評であった。

翌日はローマに旅立つ日であった。国際悪液質学会が主催するミ―ティングが開催され、EMAとAIFAの関係者を交え、サルコペニア(骨格筋委縮)に対する薬剤開発が話し合われる予定であった。EMAとAIFAは、アメリカ食品医薬品局(FDA)のヨーロッパ版、イタリア版である。札幌空港に向かう列車や羽田までの飛行機、さらには12時間近くのミュンヘン行きの機中で、パソコンを見れない時間は長かったが、新鮮でもあった。外の風景を眺めながら、パソコンを持たない若い日々、追いかけるもののない出張の気楽さを味わった、あの時の気分であった。

ミュンヘン行きの飛行機では、お昼からお酒を飲むことになった。「すすきの」では「男山」を始め、日本酒が料理によくあった。機中でも「木曽路の大吟醸」および「福島の凛」を楽しんだが、神戸で育った僕には甘口の酒であった。東京からの旅路には、医局のS先生が一緒であった。語学を始め才能を秘めたS先生は、控え目で穏やかなその人柄が、何よりも魅力であった。ローマに到着した日は、荷物の受け取りに随分と時間を要した。日本では考えられないことであったが、イタリア時間なのであろう。ローマではお店は普通、17時を過ぎて開くらしい。イタリアの人たちは、生活をエンジョイしているようであった。

2日目の土曜日と帰る前日の月曜日、僕たち2人は同じレストランで,同じ時刻にほぼ同じ席で、夕食を楽しんでいた。几帳面な日本人である。レストランは、月曜日というのに満席に近い。イタリアの経済危機は、いったいどうなっているのであろうか。親子4人が仲むつまじく、大きなピザを食べている。4人で4枚,好きなピザを注文し,お母さんが子供にピザを切ってあげていた。本場のピザは美味である。「マルゲリータ」は臭さがなく、あっさりしていて、本当に美味しかった。

僕たちの夕食の中心は、牡蠣とワインであった。レストランは、ホテルお勧めのレストランであった。牡蠣は大小二つの種類があり、2人で1ダースを食べたが、本当に美味であった。2日間とも飽きることなく、牡蠣とワインの楽しい時間であった。ワインはトスカーナのMASIの赤ワインで、お手頃で上品な味であった。土曜日はMASI BROLO CAMPOFIORIN IGT 2009を、月曜日はそのレゼルバを勧められたが、本当に良い味であった。レゼルバの方が、口の中に広がる華やかさがあったが、少しおとなしいと思ったMASIは、牡蠣に良く合って美味しかった。牡蠣には大量のレモンを搾るが,酸っぱさがなく,飲めるほどであって,牡蠣の味が引き立った。あさりや小エビのパスタも,美味であった。思い出に残るレストランで,思い出に残る時間が流れていった。

Pantheon(パンテオン神殿)

ローマは,観光客で満ち溢れていた。みんな夏の装いで、日差しは強く、晴天が続いていた。背広とネクタイ姿の気まじめな日本人は、少し異様に見えたことであろう。しかし、日本人観光客が少ないのは、意外であった。街は史跡に溢れ、さすがにローマ帝国の末裔たちの世界であった。ホテルから歩いてゆける所に、バチカン市国やパンテオン神殿もあった。パンテオン神殿の屋根の一部はガラス張りで,暗さがなく少しひんやりとした神殿は,多くの観光客で賑わっていた。

研究会の懇親会は、スペイン坂近くのレストランで、屋外のテーブルも洒落て素敵であった。いつぞや、カリアリ大学のマントバニ教授に、ローマに行ったことがないとお話しをしたら、「It's a pity.」と真顔で言われたのを思い出した。ローマの町はしかし、危ない街であった。車はスピードを出し、しばしば人と交錯する。空港まで乗ったタクシーの運転手が、スピードを出しながら、歌劇の歌であろうか、鼻歌交じりに低い声で口ずさんでいた。S先生が、イタリアは肥満が少ないですねと言っておられた。確かに、その通りであった。和食のライバル、地中海食が効果的なのであろうか。それとも、生活を楽しむその生き方が、健康に繋がっているのであろうか。

S先生とは、ローマのレオナルドダビンチ空港のラウンジで、ワインを一緒に楽しんだ。「バルバレスコ」のようなその味は、確かにイタリアのワインであった。ローマからミュンヘンに向かう飛行機の中では、ドイツの地ビールを楽しんだ。2人とも明るいうちから酔っぱらいながら、S先生はフランクフルトに向かわれ、別れることとなった。マントバニ先生は、土曜日はお昼からワインを飲むと言っておられた。僕もこの先、羽田から鹿児島まで、酔っ払い続けるのであろうか。

王女アンは、スペイン広場で「ジェラート」を食べられたという。王女は侍従長からは,健康的なミルクを勧められていたが,ジョーと一緒のカフェでは,シャンパン(ドンペリ)を飲まれたという。お金のなかったジョーは,コールコーヒーを注文したという。ローマ滞在中,素顔の“王女”様は,一体どのようなワインを楽しまれたのであろうか。

鹿児島大学 医歯学総合研究科 心身内科学分野
乾 明夫

  • 研修会・講習会・関連学会の情報
  • 利益相反(COI)
  • 各種申請について
PICK UP INFORMATION
  • 学会情報
  • 学会誌「心身医学」
Page Top

Copyright © Japanese Society of Psychosomatic Medicine. All Rights Reserved.